ホーム > TTSneoのお知らせ > 詳細

TTSneo0.60から、「エンボス」「合成」命令など画像にエフェクトをかける機能をDLL(TTSGrap.dll)に移行しました。

目的
この画像エフェクト機能は、VBで処理する関係で高速でないために、DLLにすることで多少の高速化(ネイティブコンパイルするため)を試みる。
特定の用途にしか使われない機能なので、画像エフェクトを外部にして、少しでもランタイムを軽量化する

配布方法
画像エフェクトを利用するソフトを公開するときは、TTSGrap.dllを配布パッケージに同封して、WindowsのSystemフォルダへ入れるようにしてください。
レジストリへの登録は、TTSneoが自動的に行いますが、もしうまく動かない場合は、「ファイルを指定して実行」で下のように入れてください。

regsvr32 TTSGrap.dll

TTSアプリに同封する限り、「TTSGrap.dll」の配布は自由です。著作権はゆうとにあります。

詳細
TTS5.2では、拡張機能としてサポートしていた
TTSneo初期版で、標準機能としてサポートした
今回、拡張機能のインタフェイスが整ったので、再度外部機能化。