ホーム > TTSneoのお知らせ > 詳細

TTSneo 1.0では、より便利なソフトウェアとなるために様々な改良を行いました。
このページでは、TTSneo1.0ベータ版で追加された機能や改良された点を紹介します。

今回は、プログラムをより書きやすくするための改良を行いました。
複雑だった文法も分かりやすく、短く書くことが可能になります。

 

辞書機能の大幅な改良(連想配列に対応)

今まで取り扱いが少し面倒だった辞書機能を大きく改良しました。

「辞書」関数・「辞書保存」命令を使う必要がなくなり、配列と同じ書き方で、情報を読み書きすることができるようになりました。

配列の番号を指定する代わりに、名前を指定することで、連想配列として利用できるようになります。
配列と書き方は良く似ていますが、同じ変数で同時に、番号で指定したり、文字を指定したりすることはできません。

★従来(TTSneo 0.998)

内容の「とも」へ「なす」を辞書保存
辞書(内容、「とも」)を表示

★新仕様(TTSneo 1.0)

内容(「とも」)は、「なす」
内容(「とも」)を表示

この改良により、構造体を利用するAPIの呼び出しがより簡単になりました。

 

「位置と大きさ」設定項目の追加

すべてのオブジェクトに「位置」・「大きさ」設定項目の機能を併せ持つ「位置と大きさ」設定項目を追加しました。
これにより、プログラムの行数を少なくすることができます。

ボタン1の位置と大きさを30,30,100,30に変えろ

 

ウィンドウに「種類」設定項目の追加

ウィンドウの外見を変える「種類」設定項目を追加しました。

これまで、ウィンドウ・固定ウィンドウ・ツールウィンドウなど、種類ごとにウィンドウの名前が分かれていましたが、
今後は、どの種類も、「ウィンドウ」に統一する予定です。

※TTSスタジオneoやサンプルなども今後は、どの種類でも「ウィンドウ」で書くように統一する予定です

ウィンドウ1を表示
その種類を、固定に変えろ

 

拡張オブジェクトが不要になります。「利用」命令

「利用」命令を使うことで、TTSneo対応プラグインを利用するのに、拡張オブジェクトを作る必要がなくなりました。

これにより、通常のオブジェクトと同じような書き方で、プラグインを利用することができるようになり、見やすく簡単になりました。

★コントロールタイプの例

従来

拡張オブジェクト1を、アニメーションとして作る
アニメーションのコントロールを「TTSObjEx.Anime」に変える
そのアニメ画像を「[今の位置]ufo.bmp」に変えろ

新しいバージョン

「TTSObjEx.Anime」をアニメーションとして利用
アニメーション1を作れ
アニメーション1のアニメ画像を「[今の位置]ufo.bmp」に変えろ

★ライブラリタイプの例

従来

拡張オブジェクト1をスピーチとして作る
スピーチのプログラムを「TTSSpeechN.speech」に変えろ
スピーチの性別を男に変えろ
スピーチの「こんにちは」を話せ

新しいバージョン

「TTSSpeechN.Speech」をスピーチとして利用
スピーチの性別を男に変えろ
スピーチの「こんにちは」を話せ

コントロールタイプ・ライブラリタイプ(プログラム)どちらの種類のプラグインでも区別することなく指定できます。
従来の書き方でも正しく動作します。

 

拡張コンポーネント→TTSneoプラグインへ

「拡張コンポーネント」という名称を「TTSneoプラグイン」に変更します。
段階的にドキュメントの説明を書き換えていますが、今後はTTSneoプラグインに統一する予定です。