ホーム > TTSneoのお知らせ > 詳細

TTSneo 0.94を公開しました。

今回は、「使うファイルは」などの実行可能ファイルの作成に関する機能の改善と、前回同様、プログラムの最適化を行いました。
TTSneoの多くの部分で修正を行いましたので、場合によってはバグがある可能性があります。

すぐに更新する必要はありません

TTSneo0.94公開にあたり、サンプルなどを中心にテストを行いましたが、バグが残っている可能性があるので、
仕事や学校などで利用されている方は、すぐに更新する必要はありません。

バグ報告をいただければ、すぐに反映したいと思いますが、不安定になると特に困る方は、
しばらく待って安定性が確認できてからバージョンアップしてください。

過去のバージョンに戻したい場合

安定するまでのしばらくの間、TTSneo 0.938も公開します。
更新したが問題が起こったため、戻したい場合は、以前のバージョンをインストールしてください。

バグ報告もなくなり、0.94が安定してきましたらTTSneo 0.923の公開は、終了します。
0.938公開終了後は、Vectorから以前のバージョンをダウンロードすることが可能です。

具体的な変更点

TTSneo0.94では、以下の点を中心に改良・廃止しました。

・3次配列の廃止

 あまり利用頻度が少なかった、3次配列を廃止しました。
 その代わり、辞書機能を利用してください。
 →詳しくは下をご覧ください。

・「使うファイルは」のバグ修正

 「使うファイルは」が利用できないバグを修正しました。
 最新版を入れても改善しない場合は、よろしければ確認できるプログラムとファイルを、メールでご報告ください。

配列と辞書を使ったデータの保存

0.94より3次配列を廃止しましたため、たくさんのデータを取り扱う方法として、辞書機能を利用してください。

 配列と辞書を利用して、名簿を作る

配列は、「」

内容の「名前」へ「たろう」を辞書保存
内容の「番号」へ「001」を辞書保存
配列(1)は、内容

内容の「名前」へ「はなこ」を辞書保存
内容の「番号」へ「002」を辞書保存
配列(2)は、内容

内容の「名前」へ「じろう」を辞書保存
内容の「番号」へ「003」を辞書保存
配列(3)は、内容

番号は、入力(「1〜3の番号を入力してください」)
「[辞書(配列(番号),「番号」)]:[辞書(配列(番号),「名前」)]」を表示