ホーム > TTSneoのお知らせ > 詳細

TTSneoの改良により、従来のバージョンで対応していた命令や関数で廃止されたものがあります。

現在のバージョンでは動作するものでも、今後利用できなくなる場合がありますので、
代替の機能を利用するように変更してください。

 

廃止された機能

「永遠に繰り返せ」
 「永遠に」が不要になりました。「繰り返せ」〜「繰り返し終わり」としてください。

繰り返せ
   ・・・
繰り返し終わり

「ファイル検索」関数、「フォルダ検索」関数
 「ファイル一覧」「フォルダ一覧」関数または、「もし」にある"存在する"・"ファイル"・"フォルダ"などの判別機能を利用してください。

「パターン検索」命令と「パターンサブマッチ」命令
 以上の機能は、「パターン取り出し」関数を利用してください。

「辞書は」命令
 辞書を指定する必要はなくなりました。辞書の取扱方法は、マニュアルで「辞書機能」を参照してください。

「情報」関数
 同様の操作を配列機能で行うことが可能なため廃止します

「拡張オブジェクト」オブジェクト
 プラグインを利用する際は、「利用」命令で宣言した後に、「作れ」命令で作成することができます。

ーーコントロールタイプの例
「TTSObjEx.Anime」をアニメーションとして利用
アニメーション1を作れ
アニメーション1のアニメ画像を「[今の位置]ufo.bmp」に変えろ

ーーライブラリタイプの例

「TTSSpeechN.Speech」をスピーチとして利用
スピーチの性別を男に変えろ
スピーチの「こんにちは」を話せ

「FTPのパスワードは」「FTPのユーザ名は」「FTPのサーバは」
 FTP関連の操作は、FTPオブジェクト移行されたため上記の命令は利用できなくなります。

「ハンドル」・「DCハンドル」関数
 
複数のウィンドウやピクチャーオブジェクトを扱うようになったため、「ハンドル」・「DCハンドル」関数を廃止します。
 これらの関数を使っている場合は、各オブジェクトの「ハンドル」・「DCハンドル」設定項目を利用してください。

キーボードに関する手順

手順名の統一のため、以下の書き方では動作しません。

ーー以下の手順は廃止されました
手順は [オブジェクト名]のキーボード[キー]を押す
手順は [オブジェクト名]の[キー]を押す
手順は キーボード[キー]を押す

TTSneo1.42以降では、以下の手順が利用できます。

ーーキーボードのすべてキーの動作に反応する手順
手順は [オブジェクト名]のキーボードを押す
手順は [オブジェクト名]のキーボードを離す
手順は [ウィンドウ名]のキーボード[キー]を押す
手順は [ウィンドウ名]のキーボード[キー]を離す

ーー英数字など入力可能な文字のみに反応する手順
手順は [オブジェクト名]に入力
手順は [オブジェクト名]に[文字]を入力

TTSA(Technology Terminal Script for Application)
 この機能は廃止されました。